水郷佐原の屋形船に乗ってみましょう

有名な水郷佐原の利根川巡りについて

関東三大祭りの一つである佐原は千葉県の香取市に存在し、伝統ある人形や屋台だけでなく、世界文化遺産に登録されているお囃子もあるので、非常に有名です。
国内問わず、海外からも沢山の観光客が来ていますし、街中を歩いてみるのも良いですが、近くには風情ある利根川や小野川が流れているので、屋形船に乗ってみると良いでしょう。
船の中から見上げる眺めは、街を散策する際の眺めとは異なりますし、まるで時代が変わったかのようです。
ちなみに船には色々なタイプが存在しており、小江戸佐原を運行する小野川の観光船の他に、あやめ祭りとして知名度がある水生植物園のサッパ船、その他にも茨城県にある潮来エリアを出発して小早川や佐原、神崎を進んでいく屋形船があります。
様々な所へ船へ巡っている際に食事を頂けるプランがあったり、一年中を通して季節が楽しめるイベントもあります。

とても歴史がある水郷佐原には船が運航しています

利根川に囲まれており、昔から水郷として有名である地元の屋形船は、最も古い日本の歌集である万葉集にも登場しています。
千葉県や茨城県、埼玉県や群馬県を流れている利根川は日本で二番目に長い川であり、日本一の流域面積となっています。
坂東太郎という異名がありますし、昔から東京都と茨城や千葉にある水郷エリアを繋ぐ水運として使われてきました。
小江戸である佐原が賑わっていたのは、江戸との交流や物流が多かったからと言われており、今は都会と一線を画していますが、水郷佐原には昔ながらの風情がありますし、また歴史のある街並みなので、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
今でも昔ながらの風情が色濃く残っていますし、そんな歴史がある佐原や利根川には屋形船が運航しています。
地域の会社の方や観光で来た方には人気がありますし、夏の納涼会や歓送迎会、年末年始の新年会や忘年会などでも利用されています。
また、東京からわざわざ佐原にきて取引先の接待として船を利用する方もあります。
久しぶりに友人と集まって同窓会を開いたり、また紅葉狩りやお花見だけでなく、佐原の大祭や潮来あやめ祭りに合わせて船に乗るのも良いでしょう。
東京から車であれば2時間程度で佐原や潮来に到着しますし、お祭りの季節になれば特急列車が特別に運航される為、都心で生活をしている方も簡単に観光で来る事が出来ます。
東京湾をめぐる屋形船 芝浦石川 http://www.funatabi.jp/

一年中楽しめるクルーズプランが用意されています

利根川クルーズでは潮来から佐原へ運航しますが、その季節に合わせたイベントだったり、また自然を存分に楽しめるようなプランをお客さんに提供しています。
予約してから乗船出来る夜桜船がありますし、春の季節になれば上大橋周辺の桜並木へと進んでいくコースがあります。
6月の時期になると潮来あやめ祭りだったり、つつじ祭りや小見川白山桜に合ったプランが紹介されています。
夏の季節になると祇園祭りが開催されたり、またヨシキリのサエズリを聞く事が出来ますし、黒部川イルミネーションを眺められるプランだけでなく、恒例である利根川の花火大会を鑑賞できるコースも用意されています。
夏は釣りをするのを趣味にしている方が県内外から沢山来ていますし、多くのフナ釣り船を見かけます。
秋になるとハゼが沢山釣れますし、釣りに興味がある場合はハゼ釣り船に乗ってみましょう。
秋になると少し肌寒くなりますが、そんな時は天ぷら船に乗って熱々の天ぷらを食べてみるのも良いかもしれません。
屋形船の中には長火鉢が置かれており、この長火鉢は懐かしい香りがします。
また船内には鉄瓶がありますが、冬になるととても寒いので、船内で身体を温めながら色々な所へ船で巡ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA